バイアグラ口コミ・体験談

MENU

バイアグラの薬効

バイアグラの薬効について

バイアグラはPDE5に対して高い親和性を持っています。PDE5は血管系に多く見られる物質です。しかし、心筋内にはまだ存在することを認められたことはありません。

 

PDE5のほかにもPDE1からPDE6までが体内には存在しておいて、体中の各組織で多数の機能の調節を行っています。

 

バイアグラはPDE5以外のPDEにはあまり薬効を表すことはありません。

 

バイアグラの薬効には体内では給油側に消失し、半減期はとても短いです。治療でのバイアグラの最高血中濃度に達するには1時間ほどです。

 

バイアグラはそのほとんどが血漿タンパクに結合していて、肝臓で代謝されて血漿での半減期は4時間ほどです。

 

心臓では、活発的な働きをしているPDE1があり、PDE5はほとんど見られないので、バイアグラを服用することによって薬効が起こることは少ないです。

 

心血管系・血圧や心拍数に及ぼすバイアグラの薬効は一酸化窒素の血圧作用効果に影響を及ぼします。バイアグラと一酸化窒素は同じCGMPに作用します。

 

バイアグラはCMGPを分解していしまうPDE5だけを選んでその働きを阻害し、平滑筋内のCGMP濃度を上昇させてくれます。

 

一酸化窒素には、CGMPの合成を助ける働きがあります。そのため、バイアグラと一酸化窒素とでは勃起機能に関しては相乗効果が見込めるのです。全身の血管抵抗を下げて、低血圧を及ぼします。

 

抹消静脈にもPDE5は多く含まれているため、バイアグラの薬効の影響を受けることが想定できます。

 

また、血小板内にもPDE5は含まれており、バイアグラの薬効が聞いている間は、花時や目の充血などの症状が現れることがあります。

 

PDE5波長の動脈にも存在することがわかっています。そのためにバイアグラを服用したときには下痢などの副作用は、その薬効によってのものだと考えられています。