バイアグラ口コミ・体験談

MENU

バイアグラの作用について

バイアグラの作用

情報雑誌などでも発売当初から高い関心を集めているバイアグラですが、体への作用はどのようなメカニズムになっているのでしょうか?

 

バイアグラの商品名で一般的に広く知られているバイアグラですが、科学名をクエン酸シルデナフィルといいます。その効果はホスフォジエステラーゼタイプ5の阻害薬です。

 

ホスフォゼエステラーゼは7つのタイプに分けられています。体の中で中枢神経、循環器、消化器、生殖器、血管などの細胞などに広く分布しています。作用としては情報伝達物質GMPの分解をする働きがある。たとえば、性的刺激により男性性器の神経末端から一酸化窒素が放出されると、GMPが増加し陰茎海綿体の血管が弛緩し、血液の流入が促進され、男性器は勃起を起こします。しかし性器周辺に分布するPDEがGMPを分解することで勃起は終了します。

 

バイアグラは陰茎海綿体、血管平滑筋、血小板組織の存在するこのPDEを選択的に働けなくするために、GMPが作用し続けることができる環境を整えるのです。

 

そのためにED症状の治療効果を閉めることができるのです。このようなバイアグラの作用はあくまでも機械的だというED治療法のアプローチであり、興味本位で誤解されているような、催淫薬や精力増強薬ではないことを知ってください。

 

バイアグラの服用が直接的に、心臓死にかかわる可能性は、性器以外の血管平滑筋などにもPDEが存在しており、その部分へ作用することを根拠に論じられています。