バイアグラ口コミ・体験談

MENU

バイアグラで本当の幸せをかみしめる 60歳男性

 

妻にも死に別れ、しかも一時にすべての財産を失って、遠い親戚のある田舎に引きこもり、わずかな年金で鬱々と生活していた私は、バイアグラによって生き返ったような気持ちがします。

 

私の前半生は、順調そのものでした。会計事務所に勤める会計士として、地味ながらも着々と信用を築き、やがて独立。金銭的には不自由のない暮らしをしていました。

 

最も家庭には少し不満があったと言えるかもしれません。私たち夫婦には子供がなかったのです。結婚して10年以上たっても子宝に恵まれず、一時は親せきから養子を迎えようとまで考えましたが、その話もいつの間にか立ち消えになり、仕事の忙しさにかまけるうちにいつの間にか60歳になっていました。

 

最初の不幸は妻ががんで逝ったことでした。妻が言って初めて自分が綱に六に感謝の気持ちを示してこなかったことに気づき、すまない気持ちでいっぱいになりました。次の不幸は破産でした。よく調べをせずに数十年来の友人の連帯保証人になったのは、ぽっかり空いた心の寂しさのせいだったかもしれません。

 

私は手元にあって一切の財産を無くし、無一文になってしまいました。

 

行き場のない私を救ってくれたのが、なんとその昔、私たち夫婦画用紙に迎えようとまで考えた、あの遠い船籍の成年でした。立派になった彼の家に厄介になり、彼の会社の経理事務を手伝いながら、わずかな年金収入を糧にして余生を迎えることになったのです。

 

ところがこんな私にも、新しい人生を生きる喜びができました。親戚の娘たちにお茶とお花を教えているお師匠さんが、その人です。彼女はまだ50代半ばですが、はやくに旦那を無くされたそうで、寂しい暮らしをしてきました。そして、こんなおいぼれの最期をみとってやろうという、酔狂のこころを起こしてくれたのです。

 

共の添い寝で良いものを、実はバイアグラのおかげで最近は、10数年ぶりに肉体の喜びを味わえるようになりました。まことにありがたいことです。この上は、1年でも1日でも長く、この「本当の幸せ」をかみしめながら、生き続けていきたいと念願しています。

 


バイアグラ最安値比較表

 

バイアグラの口コミと価格表