バイアグラ口コミ・体験談

MENU

器質性EDの治療法

器質性EDの治療法

肉体的に問題のある人のEDの場合の治療法はあるのでしょうか?有効な治療法は存在するのか、施術可能なのでしょうか?

 

よくある原因として、糖尿尿、加齢、交通事故などによりEDとなってしまった患者たちは、今後の人生で一切の性行為をあきらめるしかないのでしょうか?

 

まず、治る見込みのあるものから考えてみます。軽い症状のものでは男性ホルモン不足で症状が出る場合があります。これは勃起に関係する男性ホルモンの不足により起こりますがテストステロンの投与によって機能が回復することが多いです。

 

テストステロンを製造する機能が著しく弱いか、何らかの理由で低下しているなどのケースでは投与することによって回復する可能性が高いです。弾性ホルモンがなくても性欲はまた別の問題です。性欲がない場合にはこの方法は有効ではありません。テストステロンと性欲はまた別も飲んだ胃だからです。

 

薬物性のEDに関してもこれと同じことが言えます。持病の治療に処方される薬が原因で起こります。鎮静剤や自律神経の治療薬、潰瘍治療薬、血圧降下剤などを服用しているとEDを引き起こすことがあります。

 

専門家の意見によると、これら薬の中の100種類以上もの常備薬が、単独投与でEDの症状が副作用として表れることがあるといいます。

 

急にEDになったケースではこうした常用薬が原因であることがとても多いです。治療薬を飲み始めてからEDになってしまった場合には、担当医にその旨を説明して同じ効果のある別の薬に変えてもらうようにしましょう。

 

バイアグラなどの勃起不全治療薬は、器質性のEDにはあまり効果を出せない傾向がありますが、全く無駄に終わることはありませんので、一度検討しても手もいいかもしれませんね。