バイアグラ口コミ・体験談

MENU

バイアグラと硝酸塩の併用を厳しく禁止

バイアグラと硝酸塩の併用を厳しく禁止

「一酸化窒素と血圧抑制」と題してファイザー社では次のような説明をしています。

 

一酸化窒素は幅広く販売されている内性血管拡張神経薬です。心血管系内の一酸化窒素源には、内皮細胞と血管周辺神経の末端があります。ある生理的な状態では、血管の壁圧の変化によって一酸化窒素の放出が起こります。

 

一酸化窒素の循環レベルは低く、その分氏は不安定です。放出部位に作用し、血管の抵抗を調節するので血圧の抑制に役立ちます。

 

ある生理的な状態ではバイアグラの血圧絵の影響はごく小さいか中程度です。これらの変化は用量(25ミリグラムから800ミリグラムの用量の場合)にも関係なく、軽い頭痛やめまいを伴う赤面がある程度で、通常はそのほかの症状とは関係がないです。

 

患者が硝酸塩を服用している場合、循環器系に高レベルの一酸化窒素がみられる。血管の平滑筋細胞にあるPDE5を阻害することによってバイアグラが循環している一酸化窒素を相乗的に高めます。

 

バイアグラは硝酸塩を使用している患者の血圧を相乗的に下げる効果がありますが、その墓の血管拡張剤とのき見合わせではこの症状はみられません。

 

これまでの調査・研究によると、降圧剤を使用している患者がバイアグラを用いた場合、そのために血圧のさばる症状を示す危険性が高まることはないといえます。

 

このことは、高血圧症、アンギナの治療薬として、カルシウム・チャンネル・ブロッカー、利尿剤を使用している患者にも当てはまります。

 

代表的な有機硝酸塩は以下もののです。

 

ニトログリセリン:27種
イソソーバイド・モノニトレイト:4種
イソソーバイド・ニトレイト:8種
ペンタエリトリトール・テトラニトレイト:2種
エリトリチル・テトラニトレイト:1種
イソソーバイド・ディニトレイト:1種

 

このほか禁制の有機硝酸塩を含んだものとして、亜硝酸アミルまたは硝酸塩が挙げられています。亜硝酸アミルまたは硝酸塩は時々乱用されることがあり、「ホッパー」などと呼ばれていることもあります。

 

ファイザー製薬としてはなんとは副作用を出さないようにしてほしい、死亡時を起こさないようにしてほしいとい気持ちがよく伝わってきます。

 

ファイザー社にとっても、あるいは製薬業界にとってもバイアグラは近年まれに見る大ヒット商品であり。それを今後も販売し続けていきたいという気持ちの表れなのでしょうね。