バイアグラ口コミ・体験談

MENU

バイアグラの循環系に関する作用について

バイアグラの循環系に関する作用

バイアグラは化学名称をクエン酸シルデナフィルといいます。

 

陰茎海綿体の細胞内にあるPDE5の働きを阻害して、勃起不全を改善します。

 

陰茎の勃起には性的刺激に伴い、神経伝達経路を経て陰茎海綿体および内皮細胞から放出される一酸化窒素がcGMPを作用して、陰茎海綿体平滑筋の弛緩を引き起こします。

 

そのため欠陥拡張がもたらされるのです。PDE5を阻害し続けることによって、勃起を維持することができるのです。

 

バイアグラは陰茎海綿体に存在するPDE5を選択的に阻害してくれます。ただし、PDE5は体の様々な場所に存在しているため、体全身の循環血管系にも影響を及ぼすことが考えられます。

 

バイアグラはEDの新しいタイプの傾向治療薬であり、PDE5の選択的阻害薬です。

 

当初は狭心症の治療薬として開発されていました。近年の研究により、バイアグラが新血管系に対する軽度な臨床効果があるだけでなく、陰茎の勃起を調整する生化学の経路に対する効果があることが明らかになりました。