バイアグラ口コミ・体験談

MENU

バイアグラは偶然の発見

バイアグラは偶然の発見されたED治療薬

なぜかイギリスの化学史上には、偶然の発見が大発見につながる例が良くあります。中でも最も有名なのは、1928年のアレクサンダー・フレミングによるペニシリンの発見でしょう。フレミングはシャーレで細菌を培養しているとき、カビがつくと、ほとんどの細菌がやられてしまうことに気がつきました。

 

アイザック・ニュートンのリンゴも有名だ。ニュートンガキの下に座っていた時リンゴが落ちたことが重力の法則を発見するヒントになった問あの話です。

 

バイアグラはイギリスで三番目の、偶然による発見です。重力ではなく、どちらかと言えば半重力の勝利と言えます。

 

待ちになった究極の薬、舌を向いたペニスを奮い立たせる薬の到来です。

 

バイアグラの物語は1992年に、イギリスのサンドウィッチにあるファイザー社の研究所で始まりました。そこでは狭心症の治療薬としてクエン酸シルデナフィルと言う化学物質が有効であるかどうかを調べる臨床試験が行われていました。

 

狭心症は冠動脈がアテローム効果によって収縮するために起こる心臓病です。シルデナフィルは心臓の血液量を増加させる作用があると期待されていました。

 

臨床試験の結果、この薬は被験者の狭心症にはあまり効果はなかった。ところが臨床試験が終了した時、男性の被験者は残った薬を返したがらなかった。

 

なぜかといえば、シルデナフィルは、心臓に流れ込む血液はあまり増やさなかったが、ペニスに流れ込む血液を多いに増やしたのです。薬剤の歴史上、最も意外な喜ばしい副作用でした。

 

ファイザー社の研究者たちは、勃起不全の治療薬として、シルデナフィルの可能性を即座に認識しました。彼らはこの薬をバイアグラViagraと名づけました。これはファイザー社で長い間検討されていた名前で、「vigor(精力)」と「Niagara(ナイアガラの瀑布)」をイメージしています。

 

ファイザー社は1993年にバイアグラの有効性を安全性を確かめるために、長い時間と莫大な費用の掛かる臨床試験を開始しました。

 

4年間で21の臨床試験が実施され、勃起不全の被験者総数は4500人、総費用は5億ドルに上りました。1998年3月、ファイザー社の先行投資が報われ、FDA米食品医薬品局の認可が下りました。

 

勃起不全の治療薬として、初の内服薬が認可されたのです。