バイアグラ口コミ・体験談

MENU

EDの現代の有効な治療法

EDの現代の有効な治療法のバイアグラ

EDの治療が実際に進歩したのは、1930年代後半になってからのことでした。この時代に数人の医師が患者の柔らかいペニスに硬い素材を埋め込む試みをしました。

 

この試みのヒントになったのは、哺乳類のペニスの中に骨のような組織があり、そのために性交能力が高いと見なされていたことです。

 

陰茎骨と呼ばれるこの硬い組織は、鯨で1.8m、セイウチで60センチと、けた外れに長い。

 

1936年に最初の移植手術が2例、ロシアとドイツでそれぞれ行われました。どちらも人間の助軟骨が「背骨」として使われましたが、移植した軟骨が分解してしまったため、この方法は失敗に終わりました。

 

先駆け的な試みが道慣らしをしたことで、およそ40年後の1973年にシリコン製の陰茎プロステーシスを挿入する方法が開発されました。

 

1983年に陰圧式勃起補助器具が実用化されました。これはプラスティックの塩筒をペニスにかぶせてポンプを作動させ、猿筒の中を陰圧にすることで、ペニスに流れ込む血液を増加させる仕組みになっています。

 

同じく1983年に弛緩剤をペニスに注射する方法が導入されました。弛緩剤が勃起に有効であったことから、勃起が陰茎筋の弛緩によっておこるということがはっきりと確認できました。

 

1997年になって、自己注射法により検便な方法も利用できるようになった。血管拡張剤のペレット剤を特殊な器具を使って尿道に挿入する方法です。

 

陰茎海綿体自己注射法は、1998年4月バイアグラが登場するまでEDの最も一般的な治療法でした。バイアグラの作用は、真空ポンプや注射やペレット剤と同様にペニスに流れ込む血流を増加させることですが、バイアグラなら大げさな作業をしなくても済むし、ただ錠剤を飲むだけでいいのです。バイアグラのおかけで、これまでポンプや注射を使うくらいならこのままでいいと思っていた人たちも、病院に行って医師に診断するようになりました。